2020年8月31日

宿泊施設のDXソリューション「Dot Homes」

Dot Homesは、「観光産業を“おもてなし”に集中できるようにサポートする」をミッションに掲げ、宿泊施設の無人化・省人化・非対面/非接触化および能率化を実現するサービス支援・マーケティング支援のDXソリューション「Dot Homes」を展開しています。

宿泊業は、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大により多大な影響を受けている産業のひとつです。外出・旅行自粛の動きやインバウンド需要の減少による集客率の低下のほか、十分な感染防止、3密回避対策が求められるなど、Withコロナ・Afterコロナ時代に対応した集客・マーケティング、施設運営、サービス提供、何よりホスピタリティの再設計が急務となっています。

Dot Homesでは、このような状況に対し、ホテルのフロントマンが行うチェックイン・アウト業務やコンシェルジュ業務、レベニューマネージャーが行う競合施設調査や料金調整・在庫調整等のマーケティング業務、経理や労務といったバックオフィス業務をIoTによって自動化、コンシェルジュ業務はクラウド化を行い同社のカスタマーサポートセンターにて請け負うなど、テクノロジーによって無人化・省人化、非対面/非接触のサービス提供および能率化を実現しており、宿泊施設の従業員がお客様への“おもてなし”に集中できる環境づくり、およびコロナ禍における新たな宿泊施設運営、サービス提供に向けた環境づくりの支援が可能です。

ビックデータを活用してホテル経営を科学する。

Dot Homesの強みは、独自に開発したホテルのデータマーケティングツール「Hotel Insight」によって蓄積された全国約3万3千施設における売上や稼働率といった収益改善に役立つビックデータです。さらにビックデータを活用して国内で70以上の宿泊施設のマーケティング・経営支援を行ってきた実績とノウハウがあります。

当社がブランドプロデュース、運営受託を行ったグランピング 施設「Dot Glamping」では、緊急自体宣言が明けた2020年8月に平均客室単価は5万円、平均客室稼働率は90%を突破しました。

Dot Homesでは、スタッフの過去の経験則に従って料金変更を行う従来型のアプローチではなく、客観的なデータに従ってRevPARを最大化していくデータ経営を可能にするコンサルティングを行っています。

Dot Homesに関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。

https://dot-homes.jp/ir/#contacts