事業再構築補助金とグランピング

グランピング施設を開業したいけど資金が足りなくて開業が出来ないといった方もかなり多いのではないでしょうか?グランピング施設を作るのには最低4000万~1億円近くの費用が必要になります。


皆様の中にも自己資金を半分に抑えてグランピング施設を開業出来たらいいなと思ったことはないでしょうか?皆様の抱える予算の悩みを事業再構築補助金をうまく活用すれば解決できますので今回はその事業再構築補助金の概要について実際の採択事例も交えてお伝えさせていただきます。

事業再構築補助金とは?

ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応するため、中小企業等の思い
切った事業再構築を支援することで、日本経済の構造転換を促すことを目的とします。

コロナの影響で厳しい状況にある中小企業、中堅企業、個人事業主、企業組合等を対
象とします。申請後、審査委員が審査の上、予算の範囲内で補助金交付候補者を採択
する補助金になります。

第10回以前の申請においては売り上げが減少している企業のみが申請が可能でしたがこちらの要綱が撤廃されたのでほとんどの企業の方が活用できるものになりました。

グランピング採択における現状の動向

第10回の申請から売り上げ減少の要綱が撤廃され、新たに成長枠という枠が開設されました。第10回以前はグランピングは成長枠の条件を満たしておらず申請出来ない状態でした。

一方で成長枠に分類されたことで応募できる企業数は増加したものの、採択される数は減少してきています。第9回でグランピング事業の申請をして採択された企業は46件で過去最低の数字でしたが、第10回においてはその数字をはるかに下回る16件の採択件数となりました。

この結果からグランピング事業にて事業再構築補助金の申請は厳しくなっていると言えるでしょう。

事業再構築補助金の申請は通常の補助金とは異なる側面が多々ありますので、採択の確率を上げるためには特化した専門業者に依頼することをおすすめしております。

グランピング事業での採択事例

グランピング事業で採択されている実際の事業計画の概要は以下です。

事業計画事業計画の概要
「心身の健康を取り戻す」パワースポット・グランピング事業大自然を満喫できるグランピング施設に加え、心身の健康を取り戻す為の穏やかな時間や、非日常体験を体感できるアクティビティが充実しており、自分の内側を整えることで明日への活力へとつながるサービスを提供いたします。
『ヴィラスタイルグランピング』事業への挑戦による当社「新分野展開」の実現本事業を活用して新分野展開に必要となる施設の建設を実施し、ここに当社の有する様々な❝強み❞を活用することによって課題解決に取り組み、長期滞在やサステナブルニーズに対応した『ヴィラスタイルグランピング』事業の早期事業化を目指します。
グランピング+ワーケーションが可能な宿泊施設の整備新たにグランピング+ワーケーションが可能な宿泊設備を整備し、新たな生活様式の浸透に合わせ、リモートワークをグランピング施設でしたい方をターゲットにした事業を展開し、当社の安定的発展を目指す。
オフグリッドを活用したグランピング施設で自然と調和したアウトドアサービス事業オフグリッドを活用したグランピング事業で自然と調和したアウトドアライフサービスを提供し、これまでの業種を転換して新たな売上創出で安定した利益を確保する。
食肉のプロが行う世界最古の海水浴場を体験するグランピング事業精肉卸売業を営む食肉のプロが既存事業と親和性の高いグランピング事業を展開する事で、地域の特性を生かした地産地消のサービスを提供し、サービスの多角化や地域活性化を通して堅固な経営基盤を確立する。

当社のグランピング事業においての採択実績

実際に当社のコンサルティングさせていただいている施設の中にも事業再構築補助金を活用して開業した施設はいくつかございます。実際の金額規模含め実例にてご紹介させていただきます。

Dot Glamping 赤穂

補助金採択金額6000万 
初期投資額1億7000万 
事業コスト1億1000万(全12室)

補助金が6000万ほど採択されたことにより表面利回り56.7%から87.5%の数字まで上がり年間の収益もしっかりと生み出すことの施設を作り上げることが出来ました。補助金を活用することにより投資回収をより早めることが可能になります。

事業計画の概要 
赤穂御崎灯台に隣接する高台で瀬戸内海の眺望が良い土地を生かし、閉塞感漂う世相に求められ、アドベンチャーツーリズム(インバウンド)、ワーケーション、ウィズ/アフターコロナ、DXに対応したグランピング施設を運営し、赤穂市の地方創生に貢献する。

dot by Dot Glamping Suite 001

補助金採択金額 3634万
初期投資額 8300万
事業コスト 4666万(2棟)

こちらの施設は当社のFC施設となっておりまして、富裕層向けの高単価ラグジュアリー施設になります。補助金を活用したことにより実質の利回りが17%から30%まで上がり最短3年で投資回収が可能となりました。

事業計画の概要
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖字根場にあり、河口湖IC出口から車で20分の好立地 ・当社が所有している土地にグランピング用宿泊設備2棟を整備 ・富士山ふもとの⼤⾃然に「プライベート性の⾼いラグジュアリーな施設(ヴィラ)」と「マインドフルネスなコンテンツ」を掛け合わせる

その他使える補助金

日本政策金融公庫
日本政策金融公庫 国民生活事業では、女性、若者、シニアの方や廃業歴等があり創業に再チャレンジする方、中小会計を適用する方など、幅広い方の創業・スタートアップを「新規開業資金」にて支援している補助金などもございますので、事業再構築補助金以外にも資金調達の選択肢はいくつかございます。

自治体ごとの補助金
様々な県や自治体ごとに補助金がもらえる場合がございます。ただ、自治体ごとによって条件や金額規模も全く違うものになりますのでご自身の開業検討地域で補助金があるのかを問い合わせて確認することをオススメしております。

まとめ

グランピング事業を始めるうえで、自己資金を抑えて開業したい方には補助金を活用することをオススメしております。ただ、補助金の申請の際にもかなりの量の事業計画書の作成が必要になりますので専門業者への相談等も検討することにより採択率を伸ばすことが出来ます。
当社でもグランピング開業におけるご相談や、事業再構築補助金に関してのご相談も承っておりますのでもしご興味があればお気軽にご相談ください。

問い合わせはこちら
https://glamping.dot-homes.jp/