FEATURE

  • 宿泊業界は、過去の経験に基づく意思決定など属人的な経営が常識だった中、私たちはITを駆使したデータ経営を行っています。

    ビックデータの分析を基に、開業支援、集客支援、業務効率化を実施。
    加えて、お客様からいただく20項目評価とフィードバックをもとにした理想のサービスと現状の差異の算出、予算に対する施策の費用対効果測定など、データをもとにプランやサービスを改善。データドリブンによる的確な宿泊施設の経営を実現します。また、施設を運営している企業としては珍しく、PMS(基幹管理システム)やCRMといったITツールを自社開発しています。これにより、現場の声を取り入れたシステム開発が可能となるほか、あらゆる情報を一つの管理画面に集約できるため、圧倒的に生産性の高いデータ経営を実現しています。

    データ経営の様子の画像
  • OTAやリアルエージェントに依存した集客を行う宿泊施設が多い中、私たちは、公式サイト経由の集客を強化しています。

    専門のマーケティングチームが全国にある約35,000施設※の日々の需要トレンドのデータ、稼働データの分析を元に、その施設のターゲットユーザーにあったプランの作成、広告クリエイティブの改善、配信の調整を行います。それにより、公式サイト経由による集客が約80%※という宿泊業界では異例と言える実績を誇っています。またコロナ禍でも、前年同月比成長率300%※超と右肩上がりの成長を続けることができています。
    ※2022年3月時点 当社調べ

    マーケティングの画像
  • 宿泊施設は、一つの施設に対して複数の業者が関わって開業することが多い中、私たちはブランド開発から施設の設計、運営・集客までワンストップで行っており、全国で累計約100施設※の取引実績があります。

    ビッグデータ解析をもとに、エリアや体験などの市場ニーズを分析して意思決定を行い、各領域を自社の専門チームが担当するため、戦略の一貫した施設のプロデュースを実現します。
    ※2022年3月時点 当社調べ

    プロデュースの画像