高利回りで知られるグランピング事業。

グランピングの開業を検討される方も多くいらっしゃると思いますが、その際気になるのは開業に初期費用としていくら掛かるのか?という点ではないでしょうか。

結論から言うとグランピング開業までに必要な初期費用は最低4000万

施設規模によっては1-3億円程度かける施設も珍しくありません。 その際、主に初期費用としてかかってくるのが『土地の取得費用』『宿泊棟購入費用』『建築費用』『インフラ整備費用』『設備、備品の購入費用』などに費用が掛かってきます。

グランピングの開業を検討されている方にわかりやすく初期費用についてお伝えさせていただきますので、ぜひご参考ください。

目次
・グランピングの開業までに必要な初期費用とは
・土地の取得
・土地のインフラ整備に必要な初期費用
・宿泊棟の購入
・グランピング建設に必要な初期費用
・グランピングの備品の購入に必要な初期費用

グランピングの開業までに必要な初期費用とは

グランピングの開業に必要なコストは最低4000万と我々は定義しております。

4000万円以下でグランピング施設を開業することも可能ではありますが、2023年に入りさらに開業を行う競合施設が増えてきています。

そのため差別化を図るためにも最低4,000万円ほどの投資を行い、ハードで一定のクオリティを保つことが運営後利益率を最大化する鍵となってきます。

一見高額な投資に思えますが、事前にしっかりと戦略を練ることで、どのエリア、どんな施設でも一定の売上を上げることは可能です。

しっかりと計画を引き、安心できる材料を揃えつつご検討されるのがよろしいかと思います。

参考値までに弊社で運営しているグランピング施設は投資規模の平均は約2億円。年間売上は1億円と表面利回りは50%という結果が中央値となっております。

そこから固定費や変動費を引くので実質利回りは25%ほどとなるのですが、ホテルや民泊などと比べても圧倒的に高い利回りであることがわかっていただけると思います。

土地の取得に必要な初期費用

当然ですが、グランピング事業を始めるためには、魅力的な場所に土地を取得する必要があります。

土地の取得費用は、地域や土地の大きさによって異なります。また、景色やアクセスの良さなど、土地の特徴に応じて価格も変動します。そのため、グランピング施設の宿泊棟数やサービスの質を考慮しながら、土地の取得費用を計画に組み込むことが重要です。基本的に5棟のグランピング施設を建設する場合であれば2000㎡ほどの広さは余裕を購入していく必要があります。

あくまでも参考値として相場感をお伝えすると、自然が豊かな地方などでは1,000平方メートルあたり数十万円から数百万円の範囲で土地を購入することができます。ただし、人気のある観光地や景勝地などでは価格が高くなる場合があります。
最近では、土地の値段も高騰してきておりますので、人気のある河口湖などのエリアでは700坪で2500万の資金が必要になる土地などもございますので予算感に合わせた土地の取得がオススメです。

具体的な金額を知るためには、地元の不動産業者や不動産情報サイトで市場価格や土地の取引価格を調査することがおすすめです。また、地域の土地開発や観光振興に関連する機関や地方自治体の担当部署に問い合わせることも有益です。これらの情報を元に、予算計画を立てることが重要です。

土地のインフラ整備に必要な初期費用

グランピングの開業においてインフラの整備が必要な土地がほとんどとなっております。
その理由としましては、グランピングを開業する場所のほとんどが地方の場所になるためです。
地方の場所であれば、グランピングの開業の際にはほとんどの土地でインフラの整備が必要となってきます。
グランピングは自然が豊かな地方の土地が相性が良いのですが、その際土地を上手に選ばないと浄化槽を設置したり、電気設備工事、土地の造成工事費用などが掛かってきます。給排水工事費用だけでも500-1000万円近くかかるケースもございます。そのため、なるべく土地の開発費用が発生しないような土地を見極めることによりインフラ整備にかかる費用を抑えることが出来ます。

施設の建設にかかる初期費用

グランピング施設は、グラマラスなキャンプと言われているように快適で魅力的な宿泊環境を提供するために設計されています。ユニークなテント、コテージ、共用施設など、施設の種類と数は開業費用に影響を与えます。そのため、建設費用には、建物の設計と建設、設備の導入、内装の装飾などが含まれます。高品質な施設を提供するためには、適切な予算を確保することが重要です。
一般的にグランピングなどの建設コストとしては

  • ドームテントタイプのグランピング施設
    一般的なドームテントタイプの施設では、1棟のドームテントの建築費用は800-1000万近くの費用が発生いたします。
    ※テント自体の購入費用や設置、内装の費用が含まれます。
  • ヴィラタイプのグランピング施設
    コテージやヴィラタイプの施設では、建築費用は1500万から4000万円の費用が必要となります。
    ※建築物のサイズや設計、内装のレベルによって費用が変動します。
  • 共用施設
    共用施設(ロビーやダイニングエリア、シャワー・トイレ施設など)の建築費用も重要な要素です。これらの施設の建築費用は、施設の規模や設備のレベルによって異なりますが、150万~450万の費用が掛かることが一般的です。

宿泊棟の購入に必要な初期費用

最初に考慮するべきことは、どのようなタイプの宿泊棟を提供するかです。グランピング施設にはさまざまな種類の宿泊棟があります。例えば、テント、キャビン、ツリーハウス、キャンピングカー、ドームテントなどがあります。選択した部屋の種類によって、初期費用は大きく異なることがあります。

ドームテント
近年一番施設で導入されている宿泊棟はドームテントになります。
ただ、ドームテントの購入費用にも国内製か海外製かによって大きく費用が変わってきます。

海外製のドームテント
海外産のドームテントの購入費用は100万-250万になります。
海外では労働力や原材料のコストが比較的低いため、製品の生産コストが低く抑えられます。
ただ、日本の建築確認基準に合わせて作られてはいないので最近では確認申請が通らないドームテントも増えているので注意

国内製のドームテント
国内製のドームテントの購入費用は250-350万になります。
日本の気候に合わせた設計がされているため、非常に頑丈で高性能なドームテントが多いです。

トレーラーハウス
トレーラーハウスの購入費用は500-1000万になります。
トレーラーハウスは通常、キャラバンやキャンピングトレーラーとも呼ばれ、車輪がついた居住用のモバイルユニットです。ドームテントタイプと違いシャワーやトイレなどが併設されているといった点や、天候にも左右されにくいというメリットがございます。

さまざまな客室タイプがあり、迷ってしまうかもしれませんが、自社の提供できる体験、コンセプト、狙っていくターゲットに合わせて選定されると開業後の集客が楽になってきます。

グランピングの設備、備品の購入に必要な初期費用

グランピング開業までには細かな部分の初期費用も発生いたします。
『人件費』有人施設でグランピングを開業する場合は人件費の費用が発生いたします。ドームテント10棟の施設であれば年間3000万近くが人件費として必要になります。またグランピングの採用に関しては年々人材不足が懸念されておりますので、省人化、無人化をすることでいかに採用費、人件費を抑えられるかが重要なポイントとなります。

『販売サイト/HP作成費用』
OTAなど販売サイトに掲載する際の写真撮影費用や、HPの作成費用などが発生いたします。
一般的な費用の相場としてはHP作成費用で5~10万円 写真撮影費用は3時間で3~4万と言われております。

『許認可取得費用』
グランピング施設を運営するにあたって簡易宿泊営業の許可証が必須になります。そのために必要な許認可取得費用は9~15万円ほどかかると言われております。

『システム等導入費用』
グランピング施設をお客様に安全に快適に過ごしてもらうためにも『監視カメラ』『wi-fi』『PMS導入費』などが必要になります。これらすべての導入をすると70万円近くの費用が発生いたします。 


まとめ

このページでは、グランピング開業にかかる初期費用の相場についてお伝えさせていただきました。

グランピング開業には多額の初期費用がかかりますが、それは将来の成功のための投資です。土地の取得費用、施設の建設費用、設備・備品の購入費用、マーケティング・広告費用、運営費用など、様々な要素を考慮して予算を組み立てましょう。また、財務計画や事業計画の策定に専門家の助言を仰ぐこともおすすめです。初期費用を適切に計画し、資金を効果的に活用することで、グランピング事業の成功に近づくことができます。

D Hではグランピングの開業からその後の集客支援までワンストップでサポートさせていただいております。もしも開業に際して何かお悩みごとや相談などありましたらいつでも無料相談を行なっておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
https://glamping.dot-homes.jp/